エチオピア経由ヨーロッパ行きという新しい選択肢

s-20150921_104101

 

今回、世界選手権の応援に行くことを決めたのは10日前というかなり直前だったため、フライト探しにはけっこう苦労しました。シルバーウィークに重なることもあり、たとえばANA直行便はエコノミーでも40万円程度と手が出ません。通常ヨーロッパ行きで安価な選択肢はアエロフロート、トルコ航空、中東系エアライン(エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空)などがあります。(中華系エアラインの選択肢もあるが、最近中国ばかり行っているので避けたかった。アジア系エアラインも同様の理由で今回は除外)代表メンバーはトルコ航空組とカタール航空組に分かれるようだったので、スタアラのトルコ航空組に合流を狙うも、直前なのでこちらも30万円弱と高すぎて手が出ません。

 

そんな状況で目に飛び込んできたのが、16万円台のエチオピア航空。週3便なので日程を少しずらさないと検索でヒットしません。エチオピア航空の特徴は、往復ともに早朝アジスアベバ着、深夜アジスアベバ発というデイタイムに15時間程度の長めのトランジットが可能なことです。発券後48時間以内に発券というルールなので、いつもの如くぎりぎりのタイミングまで未発券で放置したところ、直前でおそらくキャンセルも相次ぐタイミングだったため、連日6,000円ずつ値下がりした航空券を買い直し、結局最終的に諸税込み13万円という時期を考えるとお得感溢れるラインで購入できました。

 

エチオピア航空はアフリカ最大のネットワークを誇り、今年の春から成田=アジスアベバ直行便(香港経由)も飛ばしています。南米便(アジスアベバ=サンパウロ間)にもフライトがあるので、アフリカ・ヨーロッパ・南米に行く際は有力な選択肢のひとつとして考えてもよいかもしれません。
2015-09-19 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment