ジャカルタでコスパNo.1のホテルはどこか?

来週久しぶりにインドネシアに出張することになりました。ここ一年ぐらい行っていませんでしたが、これまで私が最も多く訪問した国はインドネシアです。(ひょっとしたらトランジットでよく利用するシンガポールかもしれない) ちゃんと数えたことはありませんが、おそらく50回近いのではと思います。けっこういろんなホテルを泊まり歩いたので、コスパ最強ホテルを選んでみました。あまり魅力的な写真を撮っていませんでしたが。。

◎短期出張の場合(予算10,000~15,000円/泊程度)
最近のお気に入りは、Double Tree by Hilton Hotel Jakarta – Diponegoroです。オープンから1年程度の新しいホテルで、明るく清潔感がある割に、1泊諸税込10,000~15,000円程度とコストパフォーマンスがよいです。立地はMenteng地区で、ララジョングランやオアシスなどの名物レストランから近いのも、ビジネスユースであればポイント高いです。また、私的に特筆点は朝食です。2~3倍の価格帯のMuliaやGrand Hyattにも全く見劣りしません。むしろ、ここのエッグステーションはいまのところジャカルタ随一だと思います。フロント付近にATMがあるのも高評価です。逆にネックなのは、新しいホテルなのでタクシードライバーに伝えても場所をわからないことがたまにあることと、ホテル内wifiが有料なことです。

IMG_0449

◎短期出張の場合(予算10,000円/泊以下)
Double Treeができるまで気に入って利用していたのが、Alila Jakartaです。Kemang地区にもAlilaはあり、そちらの屋上レストランでの朝食はお気に入りですが、出張で使いやすいのはこちらです。Alila Jakartaは、Gambir地区にありデザイン性が高いのが特徴です。写真は1階にある土産物屋ですが、売っているものも一つ一つセンスがよく、こちらでついバティックを一着購入してしまいました。ホテル敷地内にはタクシースタンドやATMなどはありませんが、ホテル前には常時ブルーバードが待機しており、海外カードが使用できるATMが複数設置された銀行が付近にあり、さらにホテル目の前にコンビニ(サークルK)もあります。1泊諸税込6,000~10,000円程度と、出張経費にシビアな会社でも文句が出にくい価格帯です。この価格帯で宿泊可能なホテルとしては、おそらくジャカルタ一ではないでしょうか。

図1


◎中~長期滞在する場合(予算5,000円/泊以下)

友人が経営するゲストハウスRumah Soeaがオススメです。1泊5,000円程度ですが、1週間、1ヶ月と滞在する場合は長期割引が適用されます。たしかRp3,000,000/月、程度だったような気がします、うる覚えですが。オーナーのLalitaさんは、昔日本に住んでいたので、日本語⇔インドネシア語の通訳も可能です。また、広めの庭には、ジャックフルーツ、マンゴー、ランブータン、ロンガンなどのトロピカルフルーツの木があり、運がよければもぎたてのフルーツもご馳走になれます。場所は南ジャカルタのKemang地区付近ですが、一見でタクシーで行くのは少し難易度が高いかもしれません。また、Lalitaさんはバティックデザイナーでもあるので、伝統工芸やデザインに興味のあるかたにはオススメです。

IMG_0823

ちなみに宿泊したホテルを改めて数えてみたところ、下記16箇所でした。まだまだトライしてみたいホテルはたくさんあるので、次回ジャカルタ訪問の際は、新規開拓しようと思っています。

1.Grand Hyatt Jakarta
2.Intercontinental Midplaza Jakarta
3.Mulia Hotel Senayan
4.Hotel Pullman Jakarta Central Park
5.Sari Pan Pacific Jakarta
6.The Mayflower Jakarta Marriott Executive Apartments
7.Century Park Hotel Jakarta
8.Grand Kemang
9.Kemang Icon by Alila
10.Le Grandeur Jakarta
11.Alila Jakarta
12.Hotel Ibis Jakarta Slipi
13.Gran Melia Jakarta
14.Double Tree by Hilton Hotel Jakarta – Diponegoro
15.Crown Plaza Jakarta
16.Rumah Soea
2015-12-04 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment