人生の100のリスト

FullSizeRender (1)

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

さて、私の新年の恒例行事といえば、「100のリスト」の書き出しです。

もう15年近く前に、ロバート・ハリスさんの「人生の100のリスト」を読んだのがきっかけで、やりたいこと100のリストを書くようになりました。最初は「人生の100のリスト」でしたが、人生の中で達成したいことを書いたところ、結果的に各項目の難易度が非常に高くなり、どれもそう簡単には達成できずでした。そこで、もう少し結果の見えやすい「3年間バージョン」をつくるようになり、さらに「毎年バージョン」をつくるようになり、いまでは「人生の100のリスト」と「3年間の100のリスト」と「今年の100のリスト」を併用しています。ちなみに、「人生の100のリスト」はまれに追記・修正する程度、「3年間の100のリスト」は2014-2016の3年分が進行中ですので、今年は「今年の100のリスト」のみの作成でした。

私もはじめて100のリストを描いたときに痛感したのですが、やりたいことを100個出すって本当に難しい。最初はスラスラと描けるのですが、30個で最初の壁があり、50個でまた壁にぶつかり、70個から先は本当にひとつひとつ絞り出すような感覚でした。100個書けたのは、なんと書き始めてから約7ヶ月後でした。でも、このなんとか絞り出した項目には、自分の本音だったり、そういえばこんなことやってみたかった!というようなものが隠れていることが多いです。7つの習慣の重要度/緊急度マトリクスに沿っていうならば、「重要かつ緊急ではない第Ⅱ領域」ということになります。

ただ、慣れてくると余裕で100個を超えてしまうので、そうなると次はいかに優先度をつけて絞り込むかを考えます。だいたい毎年12月に入ったあたりから、翌年の100のリスト候補をメモするようになり、元旦に100個をかるく越える候補から優先度の高い項目を選別して100個にするようにしています。

ちなみに、「100のリスト」はTODOリストではないので、全部達成する必要はありません。(もちろん達成できるに越したことはないですが!)「今年の100のリスト」の場合、各項目の難易度にも当然左右されますが、私はだいたい毎年20-30%程度の達成率です。昨年は仕掛案件がうまくカタチにならないことも多く、達成率は20%弱だったので、今年は気持ちを新たに達成率40%を現実的な目標にしたいです。

ご参考まで、少し恥ずかしいですが、私の「今年の100のリスト」からいくつか抜粋した項目を掲載します。

1. スポールボーイズ!を完結する
2. 「じぶんスタイル世界旅行」を4回開講する
3. 作品を100個つくる
4. ****万円でポートフォリオを組んで資産運用する
5. パパママ向けてづくり絵本をムーヴメントに育てる
6. 第2子を授かる
7. 公式サイト、月間1万PV達成する
8. 皆既日食を見る
9. 娘を幼稚園留学させる
10. ドリアン狩りをする
11. 赤ドリアンを食べる
12. ミリオンマイラーになる
13. 娘と一緒に華道をはじめる
14. Raspberry Piをつかってみる
15. アートやデザインを学ぶ
16. 月1回、家族でことりっぷする
17. 娘と二人で海外旅行にいく
18. 娘の保育園にバルーンアートの作品を展示する(お雛様)
19. 出版オファーを受ける
20. 年間20ヶ国以上訪れる
21. 娘のBirthday Partyを開催する
22. インドネシア語検定C級取得する
23. 似顔絵検定2級取得する
24. TEDxに登壇する
25. 絵本をつくる
26. 論文を執筆する
27. 夫婦で屋台をやってみる
28. 風刺画を描いてFBにアップする
29. Super Input Weekを設定する
30. カップ&ボールの手品ができるようになる

2016-01-01 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment