もしもホテルのセキュリティボックスが壊れたら・・・。

IMG_1943

約1年ぶりにマナウスにきました。珍しいことに、というか初体験でしたが、ホテルで部屋のセキュリティボックスが故障しました。なのでそういった場合の対応について。ちなみに暗証番号式のセキュリティボックスで、決して番号を失念したわけではなく、暗証番号を設定してから動作確認したところ開かなくなりました。

フロントに電話してスタッフを派遣してもらったところ、まずセキュリティボックスに「パスワードリセット装置」を取り付けて、パスワードをクリアします。装置の取り付けからパスワードリセットまで、その間15秒程度。装置の写真は撮り忘れましたが、下記写真で入力用テンキーの右側にあるポートにコネクタで接続します。ただ、そもそもパスワードを忘れたわけではないのでパスワードをクリアしたところで開きません。

IMG_1946

そのスタッフは一旦撤収し、10分後にベテランっぽいテクニカルスタッフを連れてきました。まあ予想はついていましたが、ドリルで鍵穴(「鍵」はついていないので、ロック機構部分かな)を破壊してドアを外します。作業時間は1分弱といったところでしょうか。なんと原因は、「Registration!」とのことでした。前日まで印刷工場で散々「Registration!(会話の文脈では「版ズレ」という意味合い)」という単語を聞いていたので、ちょっと笑ってしまいました(笑)ちなみに、ドアを取り外した後の処理は、新品のドアを取り付けて作業完了です。

セキュリティボックスの故障は初体験でしたが、二つ勉強になりました。
一つは、パスワードって忘れたら面倒そうだなぁと思っていましたが、実はパスワードクリアはスタッフを呼べば速攻で(15秒!)可能だったということ。(もちろんセキュリティボックスの仕様によって異なると思いますが!)もう一つは、セキュリティボックスってこんなにセキュリティが脆弱なんだ(従業員が「装置」を悪用すれば、15秒で開けられてしまう!)ということ。

2016-04-01 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment