在ブラジル日系人の60%以上は日本就労経験者?

s-IMG_2114

さて、ご存知の通り、ブラジルは世界最大の日系人コミュニティが現存している国ですが、現在ブラジルには約160万人(人口の約0.8%)もの日系人がいると言われています。特にサンパウロでは、けっこうな確率で日系ブラジル人を見かけます。勤務先の現地子会社にも1名いましたし、取引先企業でもたいてい何人か見かけます。また、ホテルのフロントや、街中のキオスク、さらにはタクシーの運転手まで、サンパウロ市内のみならずサンパウロ州内郊外都市においても、頻繁に日系人と出会います。そのためか、日本人はサンパウロでは現地人(日系ブラジル人)と間違われることもしばしばあります。

s-IMG_2183

前々から疑問だったのですが、20-40代くらいの日系ブラジル人であれば、日本への出稼ぎ経験があることが珍しくありません。20-30代の日系ブラジル人(その年代だと日系3世であることが多い)に話しかけて、日本で働いた経験のないパターンはこれまでほぼなかった気すらします。資料館に、在日ブラジル人の人口データ展示がありました。こちらは1999年までのデータですが、ネットで法務局の在留外国人統計で以降のデータを補って合算したところ、1985-2015年の延べ人数はなんと5,744,232人という結果でした。これは「在留」なので、いわゆる「旅行者」は含まれません。

在住期間は人それぞれかと思いますが、5年以上滞在すると帰化要件を満たすことから、仮に平均5年として考えてみます。すると、約115万人が日本で就労経験があるという計算になります。もちろん日本で就労経験のあるブラジル人の全てが日系ではない(それでも圧倒的に日系人割合は多いはず)ので、ここでは100万人と仮定しましょう。かなり乱暴な試算になりますが、現在160万人の日系人のうち、100万人が日本就労経験者と考えると、なんと60%以上の日系ブラジル人が日本就労経験があると推定されます。

在留ブラジル人人口は、2007年の316,582人をピークに2008年のリーマンショック以降、2011年の震災の影響もあり、またおそらくブラジル本国の高度経済成長も手伝って減少傾向にあり、2015年は173,437人まで落ち込んでいます。一転ブラジル経済も下降の一途を辿っており、ブラジル国内での職探しは一年以上かかることも珍しくないようなので、また日本への出稼ぎが増えるかもしれません。今後の推移が気になるところです。

2016-04-03 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment