西表島の6月の満月は「百花繚乱」という言葉がふさわしい。

IMG_5269

旅の計画を立てるときの必須事項のひとつに、月齢カレンダーのチェックがあります。満月や新月のタイミングは、生き物の産卵などの自然現象から、お祭りなどの宗教行事、フルムーンパーティーなどの人的なイベントまで、とにかくてんこ盛りなのです。なので、旅の日程に満月を絡めてみるのはオススメです。

さて、今回行ったのは西表島ですが、西表島の6月の満月は運がよければすごいことになります。早朝にサガリバナの花で水面を埋め尽くされた川をカヌーで下り、昼は大潮で干上がったラグーンでウミショウブの開花、夜は海辺でオオガニの産卵、さらに海中ではサンゴの産卵、とまさに百花繚乱!サンゴの産卵以外の3つを狙っていきましたが、結果は2敗1分け。オオガニの産卵は見れましたが、大量産卵を期待していたので、1勝には届かず1分け、ぐらいかな。こればっかりは自然現象だから仕方がないですね。遭遇率が低いぶん、出会えたときの喜びは「行けば見れる絶景」とは比較になりません。西表島はリピート確定です。

IMG_5337

2016-06-20 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment