インフルエンザの場合の航空券対応について。



年末に娘がインフルエンザを発症したため、予定していたフライトに搭乗できませんでした。今回はANA旅割75だったので「日程変更不可、(出発日13日前をきっているので)キャンセル料60%」がキャンセルポリシーです。キャンセル料60%はまあ仕方ないとして、年末年始というピークシーズンなので少し日程をずらしたフライトを購入しようにも、片道30,000円以上(往復3名だと18万円以上!)と、ちょっと今回の旅行は諦めたくなる追加出費です。

ところが、キャンセルポリシーをよく読むとこんな項目が。インフルエンザは下記に該当するらしく、医師診断書を提出して、なんと追加料金なしで便変更ができました。(全額払い戻し、というオプションもありました)実は、今回本当はあと3日遅い出発便がよかったのですが、予算の都合で年末年始休暇には少し早い12/26便にしたという経緯がありました。(旅行手配時に、旅割75で希望の時間帯に空席があるのが12/26しかなかった)今回の特例変更のおかげ(?)で、当初の希望出発日の便を抑えることができました。



インフルエンザ流行期に家族旅行の予定を組むのは少々不安もありましたが、こんな特例があるならあまり心配する必要はなさそうです。

2017-01-05 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment