Blog

VISAは事前に大使館で取得した方がよい理由

図3

先日エチオピア航空でアディスアベバに16時間トランジットすることになり、エチオピアVISA取得する必要があったのでVISA取得について。

 

エチオピアVISA取得について、空路で訪れる場合は空港でも取得可能だが、一応事前に大使館で取得しておくことにした。ちなみに空港取得の場合は1ヶ月シングルVISA50ドル、事前取得の場合は40ドル(5,000円)だったので、10ドルほどお得だ。だが、わざわざ大使館に行ってVISA取得するのは、この差額10ドル以上の価値があることが往々にしてある。

 

通常初めて訪れる国であれば、その国との最初の接点は空港だ。僕がバンコクのスワンナプーム国際空港に到着するとなんだか少し憂鬱な気分になるのも、クアラルンプールのKLIA2でマレーシアの未来は明るいと感じるのも、ロンドンのヒースロー空港に到着して入国審査待ちの行列でゲンナリするのも、全ては空港のハード・ソフトから受ける印象に他ならない。

 

そんな空港を差し置いて唯一、旅行者とのファーストコンタクトたりえるのが、通常はVISA取得目的ぐらいでしか縁がない大使館だ。大使館の立地や規模は、その国の国力を物語っている。巨大なロシア大使館が麻布の一等地にあるかと思えば、エチオピア大使館は高輪台(立地はよい)駅から徒歩5分の雑居ビルの1フロアに過ぎない。ロシア大使館がお役所主義(実際お役所なのだが…)でいかにも融通がきかなそうなのに対して、エチオピア大使館は規定上はVISAの発給は11:00−12:00の間に申請、受取は翌営業日の15:00-16:30の間だが、頼めば当日発給も可能だ。大使の都合がつけば、即時発給も可能とのこと。さらに、16:30に間に合わないかもしれませんと電話したら、17:00までに来てくれれば大丈夫ですって。

 

エチオピアに初めて行く人は、おそらくこの時点で、未だ見ぬエチオピアという国に対して、なんとなく融通がききそうな旅行者フレンドリーな国ではなかろうか、という仮説は立つのではないだろうか。

 

また、大使館というのは、日本国内でその国の情報を最も集まっている(はずの)場所でもある。(これは大使館にもよるのだが)旅行会社のパンフレットなんかが置かれている場合もあるが、通常にはお目にかからないような会員誌だったり、その国についての文献だったり、大使館が独自に作成している観光案内だったり、少なくてもこれからその国を旅しようかとしている人にとっては宝の山のような情報が溢れていることも珍しくない。

 

さらに大使館の活用方法としては、ネットで調べても不確かな情報を、国内通話料金で即時に確認できる場所でもある。たとえば、インドネシアの小学校の夏休み期間だったり(これは仕事で)、エチオピアのゲンナと呼ばれる独自暦のクリスマスの正確な日付だったり。先日も、アムハラ語ができればネットですぐにわかるかもしれない「エチオピアの有名な絵本作家を教えて欲しい」という質問を窓口でしてみたところ、直接聞いてみてください、と大使の部屋に通された。結果、自分は絵本のことはよくわからないが、アディスアベバだったらこの本屋はこども向け書籍が充実しているはずだから行って店員に聞いてみるのがよいよ、とご丁寧に英語とタクシードライバーでも分かるようにアムハラ語で住所を書いてくれた。他の国の大使館なら、館内の部署をたらい回しにさせられるか、にべもなく断れるのがオチだろう。

 

また、記憶を辿ってみると、大使館が発給してくれるものにはVISA(観光、ビジネス、留学など)の他に、レター(推薦状)もあった。大昔にウガンダにゲストハウスをつくりに行ったとき、何かの役に立つかと思い、駐日ウガンダ大使にたしか数千円支払ってレターを書いてもらった。よく覚えていないが、「この日本人たちがやろうとしていることはウガンダにとってよいことだから協力してあげてね、よろしく」的な内容だったように思う。実はウガンダで、現地を立つ間際に、なにか胡散臭いことをしている日本人がいるらしい的なことで警察から取り調べを受けた。取り調べが長引きそうでこのままでは首都行きのバスを逃してしまうと焦ったときにこのレターを提示したところ、即時釈放されたのは、このレターの威力だったのかもしれない。
IMG_8987
2015-10-07 | Posted in BlogNo Comments » 

 

中国の進出が著しいエチオピアの路上で起きたとある変化

IMG_3481

 

久しぶりにエチオピアを訪れて、中国の影響が増していることを肌で感じました。ボーレ・アジスアベバ空港内の中国語併記のサインボードは確実に増え、中国語服務をでかでかと掲げる案内所も設置されていました。さらにDuty Freeには中国の有名な白酒やタバコまで販売されています。

 

20150921_081013

 

搭乗したエチオピア航空の機内誌には、なぜか中国企業のミキサー車や便器の広告が掲載されていました。機内誌は、そのエアラインの(もしナショナルフラッグの場合はひいてはその国自体の)ブランド形成の一旦を担うと思います、かなり大げさな表現にはなりますが。なぜこんな機内誌広告をエチオピア航空が許可したのか理解できません。もちろん、ビジネス目的でアフリカを訪れる中国人が激増しているので、彼ら向けの広告スペースとしてアフリカ全土にネットワークを持つエチオピア航空の機内誌はうってつけなのでしょうけれども。

 

また、今回アジスアベバではちょうど1週間前にサブサハラ初の市内路面電車が開通したところでしたが、この公共設備投資も中国企業が受託したそうです。その路面電車については、こちらにポストしました。

 

市内ホテル従業員(20歳ぐらいの兄ちゃん)に、中国資本が押し寄せて何が変わったのか聞いてみたところ、「アジスアベバの路上から犬がいなくなった」とのこと。これまで通りには夜になると野良犬が溢れていたようなのですが、夜な夜な中国人が犬を攫っていき、中華料理屋では犬肉料理が提供されるようになったそうです。中国のアフリカ進出はエチオピアに限りませんので、他のアフリカ諸国でも中国人の増加と野良犬の減少に何らか相関関係があるかもしれませんね。

 

エチオピア=中国の政府間での結びつきはかなり強いようですが、中国人の生活は中華コミュニティでほぼ完結するため、これはエチオピアに限りませんがローカルが中国人と接する機会はほとんどありません。なんとなく、押し寄せる中国人をあまり好ましく思っていないようにも感じました。
2015-10-03 | Posted in BlogNo Comments » 

 

世界のラウンジ紀行(フランクフルト:ルフトハンザのセネターラウンジ)

20150925_205320

エチオピア空港のフランクフルト=アジスアベバ便の搭乗待ちで利用。ルフトハンザのラウンジは、ホーンサークル・セネター・ビジネスの3ランクに分かれており、スターアライアンスゴールド資格で利用できるのは真ん中のセネターラウンジ。シャワーに加えて、ロッカー設備があるのがポイント高い。以前ブラジル行きのトランジットでフランクフルト空港を使用した際に、ロッカーに荷物を置いて市内に足をのばせるのが便利だった。

20150925_205506

20150925_205514

20150925_210718

20150925_211406

20150925_213042

2015-09-28 | Posted in BlogNo Comments » 

 

世界のラウンジ紀行(アジスアベバ:エチオピア航空ラウンジ)

20150921_081100

エチオピア航空のラウンジ。エチオピア空港のビジネスクラスには、上位ラウンジが用意されていた。食事は見た目よりも美味しい。また、コーヒーが美味しかったのが印象的。ただし、ボーレ・アジスアベバ空港発着の遠距離便はなぜか早朝と深夜に集中しており、復路アジスアベバ=東京便の搭乗待ちで利用した際は、ラウンジ内は人がごったがえしており、席の確保もままならなかった。

20150921_084737 20150921_094137

20150921_094145 20150926_201621

2015-09-27 | Posted in BlogNo Comments » 

 

オクトーバーフェストがグローバルなお祭りになった理由。

s-20150924_172805

 

世界選手権からの復路に、ミュンヘンのオクトーバーフェストに立ち寄りました。このぐらいの時期にドイツ経由でブラジル行く機会が何度かあったのですが、いつも1週間早かったり遅かったりで日程が合いませんでした。今回決して狙ったわけではないのですが、たまたま週2便しかないリエカ=ミュンヘン間のクロアチア航空便が最善手だったので、晴れてオクトーバーフェストに立ち寄ることができました。ついうっかり、あまり飲めないビールを1.5Lも飲んでしまいました……

 

オクトーバーフェスト会場内には有名なビール醸造所が直営するテントが全部で12ヶ所あり、旅行者的にはつい1杯ずつ全部飲み比べてみたいところではあります。ただ、現地の人の楽しみ方はちょっと違うように感じました。自分が好きなブランドのテントでしこたま飲む。いくつかテントを巡ってみましたが、テントによって若干雰囲気が異なるようにも思います。比較的落ち着いた雰囲気だったり、とにかく賑やかだったり。たとえばブラジルのサンパウロのサッカーリーグでは、庶民派コリンチャンスと小洒落たサンパウロFCではファン層が全く異なるように、ミュンヘンのオクトーバーフェストでも、所得・出身・年齢などによって支持する醸造所は異なるのかもしれない、サッカーのサポーターに近い感覚なのかもしれないなと思いました。

 

また、オクトーバーフェストは世界中から旅行者が訪れる世界的に有名なお祭りですが、ローカル度が非常に高いのが印象的でした。当たり前ですがお祭りの主体はローカル。世界的に有名なお祭りだって、最初から世界に向けてオープンなお祭りだったわけではなく、あくまでスタートはローカルだった。観光客がこようがこまいがローカルだけで完結するエンターテインメント、そのベースがあるから結果的に世界中から人が集まるグローバルなお祭りになるのだと思います。
2015-09-24 | Posted in BlogNo Comments » 

 

ライアンエアーのロンドン=リエカ(クロアチア)週1便はなぜ成り立つのか?

s-20150922_062339

 

クロアチアの地中海都市リエカで行われるスポールブール世界選手権のために、リエカ行きフライトをいろいろ探ったところ、ライアンエアーが週1便、ロンドン=リエカ間に就航しているのを発見しました。エチオピア航空の東京=香港=アディスアベバ=ロンドンとうまく日程が合ったため、この便を予約しました。

 

ここで、二つ疑問が浮かびました。一つは、ロンドン=リエカというマイナー便がたとえ週1便とはいえ需要があるのか?もう一つは、週1便しかないので、みんな復路はどうするのだろう?ということです。

 

前者については、リエカは日本でこそほぼ名前は聞きませんが、クロアチアの代表的な地中海都市です。
後者については、日本と違ってイギリスの場合、最低1週間、長いと3週間程度の連続休暇を取ることも珍しくありません。

 

ちなみに、イギリスの伝統的なシーサイドリゾートで夏に2〜3週間を過ごすのは、低所得層のイギリス人家族であることが多いです。逆にある程度の所得のあるイギリス人家族は、国外のシーサイドで過ごすことが多いようです。ただしこのあたりは、イギリスポンドの為替とも関わってきます。僕が昔、仕事でよくイギリスに行っていた頃は、£1=280円のポンド最強時代でイギリス人にとっては世界中どこでもバーゲン状態。夏のバカンス先としてはスペインのビーチが大人気だったようで、国内の老舗シーサイドリゾートは軒並み閑古鳥だったそうです。

 

まだLCCが登場する前の話ですが、LCC登場で夏に1〜2週間を過ごす海外リゾートの選択肢が増えた、その一つが西欧諸国に比べると物価も安いクロアチアのリエカである、そして1〜2週間単位での休暇が一般的なので週1便しかなくてもなんら問題ない、ということなのだと思います。
2015-09-20 | Posted in BlogNo Comments » 

 

世界のラウンジ紀行(成田:ANAのスイートラウンジ)

IMG_8740

 

いつもの成田空港のANAスイートラウンジ。ビジネスラウンジとの違いは、食事と混雑状況でしょうか。ただ、クオリティ的には圧倒的に羽田スイートラウンジ>成田スイートラウンジです。羽田では夜はディナーコースを提供しており味も総じて美味しいのですが、成田は全体的に味が落ちる(特にカレーがいまいち美味しくない)ように思います。逆に成田でよいのは、トップ写真のようなファーストクラス(とダイヤモンド)専用チェックインゲートです。

 

20150920_203113 20150920_203134
2015-09-20 | Posted in BlogNo Comments » 

 

エチオピア経由ヨーロッパ行きという新しい選択肢

s-20150921_104101

 

今回、世界選手権の応援に行くことを決めたのは10日前というかなり直前だったため、フライト探しにはけっこう苦労しました。シルバーウィークに重なることもあり、たとえばANA直行便はエコノミーでも40万円程度と手が出ません。通常ヨーロッパ行きで安価な選択肢はアエロフロート、トルコ航空、中東系エアライン(エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空)などがあります。(中華系エアラインの選択肢もあるが、最近中国ばかり行っているので避けたかった。アジア系エアラインも同様の理由で今回は除外)代表メンバーはトルコ航空組とカタール航空組に分かれるようだったので、スタアラのトルコ航空組に合流を狙うも、直前なのでこちらも30万円弱と高すぎて手が出ません。

 

そんな状況で目に飛び込んできたのが、16万円台のエチオピア航空。週3便なので日程を少しずらさないと検索でヒットしません。エチオピア航空の特徴は、往復ともに早朝アジスアベバ着、深夜アジスアベバ発というデイタイムに15時間程度の長めのトランジットが可能なことです。発券後48時間以内に発券というルールなので、いつもの如くぎりぎりのタイミングまで未発券で放置したところ、直前でおそらくキャンセルも相次ぐタイミングだったため、連日6,000円ずつ値下がりした航空券を買い直し、結局最終的に諸税込み13万円という時期を考えるとお得感溢れるラインで購入できました。

 

エチオピア航空はアフリカ最大のネットワークを誇り、今年の春から成田=アジスアベバ直行便(香港経由)も飛ばしています。南米便(アジスアベバ=サンパウロ間)にもフライトがあるので、アフリカ・ヨーロッパ・南米に行く際は有力な選択肢のひとつとして考えてもよいかもしれません。
2015-09-19 | Posted in BlogNo Comments » 

 

奄美大島のインバウンド戦略を考える

IMG_3146
9月2〜4日に、2泊3日で家族で奄美大島に行ってきました。昨年バニラエアが片道僅か5,690円というプロモーション価格で就航して以来、(人気がなくて運航休止になる前に)一度は行かねばと思っていたのが、ようやく実現しました。ただ、乗ってみると平日にも関わらず満席で、人気のため値上げはあるかもしれませんが、運航休止になることは当面なさそうです。

 

奄美大島についてまず感じたのが、美しい白砂ビーチに広大なジャングル、日本で2ヶ所しかないマングローブの原生林等、豊富な観光資源がありながら観光開発がほぼ手つかずの状態にあるといういことです。TripAdvisorやブログなど拝見する限り島一番のリゾートホテルに宿泊したのですが、いわゆるプチリゾートという佇まいで、申し訳ないけれどもしも外資系高級リゾートホテルや流行りの星のや系リゾートが立ち並ぶ沖縄にあったら名もない中級プチホテルの一つなんだろうなという感じは否めませんでした。いや、逆にそれが非常に居心地よかったのですが。ホテルの目の前には綺麗な白砂ビーチが広がっていますが、海の家などがないどころが基本人がおらず貸切状態。外海には面しておらず、湾の中のさらに湾というポイントだったので、波も非常に穏やかで、2歳の子連れにはちょうどよかったです。地元の人もよく訪れるという併設のレストランは、結局滞在中は毎食通ってしまうほどでした。

 

さて、エアバニラの就航は、それまで独占状態だったJALとの食い合いというよりは、旅行者に奄美大島という新しい選択肢を与えたように思います。(JALには搭乗していないので、ひょっとするとそちらは閑古鳥だったのかも知れませんが……)ただ、現地で観光産業に携わる人たちにヒアリングした感じでは、エアバニラ就航以来、一時はレンタカーが足りなくなるぐらい観光客が増えたそうです。また、島の人にとっても、東京で行われる物産展のようなイベントに気軽に出展できるようになったそうです。以前は行くだけで10万円ぐらいかかるので物産展の利益はほぼ残らず、下手したら赤字になるので、気軽に出展できなかった。さらに、進学や就職で島を出た人たちが、気軽に帰省できるようにもなったようです。これは非常によいLCCの就航事例と言えるかもしれません。もちろんその一方で、観光客が増加したことによる乱開発の危機にこれから奄美大島も晒されることになるのかもしれませんが。

 

これまで奄美大島に行くには、JAL直行便もしくは鹿児島経由(フライトか船)しかなく、費用的にもルート的にも非常にアクセスが悪いイメージがありました。鹿児島県離島の奄美大島ですが、かつて琉球王国の一部だった過去もあり、地理的には実は本土よりも沖縄本島に近かったりします。もし奄美大島のインバウンド戦略を考えるのであれば、那覇=奄美路線にLCCを就航させることが一番だと思います。東京=那覇間はANA、JAL、LCC含めて毎日10便以上のフライトがありますし、沖縄はリピーターも多いです。また、観光地化が進んだ沖縄本島に物足りなさを感じる旅行者は、きっと那覇経由で石垣島や宮古島、常連はさらにその先の離島を目指すことでしょう。奄美へのインバウンドを増やすには、奄美大島をそんな沖縄の離島オプションの一つに入れてあげるのが手っ取り早いように思います。沖縄本島の島内マップや沖縄エリアの離島マップを見ることがあっても、沖縄=奄美=鹿児島の位置関係がわかる地図や地球儀を改めて見る機会はほとんどありません。観光客にとって、沖縄=奄美間の心理的距離は実態よりも遥かに遠いような気がします。

 

逆になぜこれまで沖縄=奄美ルートがほとんどなかったのかとても疑問です。完全に推測ですが、沖縄=奄美間の関係はあまりよくないのではないかと思います。奄美の人に沖縄の話をしても、ほとんど知らないし興味もない、というケースが多かったです。現在、沖縄北部と奄美大島が自然世界遺産登録を目指していると聞きました。もし世界遺産入りが叶えば、否が応でも沖縄=奄美間の行き来はいまより活発になるのかもしれません。
2015-09-05 | Posted in BlogNo Comments » 

 

スリランカ行き航空券

IMG_2578

今年の盆休みにスリランカに行くにあたり、いろいろ調べたフライトについて書きます。
まず、基本的なフライトの考え方としては、大きくは三つあります。
①日系航空会社か現地航空会社の直行便
②第三国(基本的には出発地と渡航先の間にある国)航空会社の経由便
③東京⇔ハブ空港の直行便(または経由便) + ハブ空港⇔コロンボの直行便(LCCなど)

①渡航先がスリランカの場合であれば、ANA・JALの直行便はないので、スリランカ航空のみになります。また、東京⇔コロンボ間にはありませんが、稀に二都市と関係ない国のエアラインが、直行便を運航していることもあります。たとえば、東京⇔ロサンゼルスをSQが運航していたり、東京⇔シンガポールをUnited航空が運航していたりします。これは、シンガポール⇔ロサンゼルスは給油なしでは行けない距離なので、シンガポール⇔東京、東京⇔ロサンゼルスと二区間に分けて就航している都合上です。もちろん一区間のみのチケット購入も可能です。

②渡航先がスリランカの場合であれば、エアインディアのデリー経由、キャセイパシフィックの香港経由、マレーシア航空のKL経由等がSkyscannerでは上位に表示されました。ただし、東京・コロンボにそれぞれ直行便を飛ばしている航空会社であればこのパターンのチケットで経由(トランジットかストップオーバー)して行くことができます。

③結果的に②と被るケースもありますが、ひと綴りの航空券ではなく、ハブ空港から先はLCC等で買い足す、二枚(以上)綴りの航空券になります。渡航先がスリランカの場合、ハブ空港となるのは、KL・シンガポール・ドバイあたりと思われます。

日本⇔スリランカの直行便(スリランカ航空)は、週4便しかなく、また13万円程度とけっこう高めな金額設定です。さらに、スターアライアンス派の私は、ワンワールドのスリランカ航空は優先度が低い。
おそらく最安は、エアアジアで、東京⇔KL、KL⇔コロンボを購入することです。先月末に調べたところ、東京⇔KLは35,000円程度、KL⇔コロンボは20,000円程度で合計55,000円程度でした、なんと直行便の半額以下!ただし、注意が必要なのは、Skyscannerで東京⇔コロンボで検索してもこのルートは出てきませんでした。また、エアアジアのサイトでも、東京⇔コロンボ(KL経由)という検索はできません。
ちなみに、この東京⇔KL間をさらに細分化する方法ももちろんあり、その場合はチャイナエアライン(台北経由)やベトナム航空(ハノイ/ホーチミン経由)等が諸税込40,000円以下でありました。どちらもLCCではありませんが、最近アジア行きのチケットを検索すると、上位(安価)にヒットすることが多いです。

このエアアジアのコロンボ行55,000円のチケットは、うかうかしている間に安いチケットは完売してしまい、エアアジアに10万円以上も払う気がせず泣く泣くパス……。コロンボと南インドのチェンナイが地理的にも近くフライトも安いことが判明し、かつタイミングよくチェンナイに立ち寄る用事が出来たため、タイ航空の「往路:成田⇒バンコク⇒KL、復路:チェンナイ⇒バンコク⇒成田」のオープンジョーで諸税込約92,000円をベースに、「エアアジア:KL⇒コロンボ(約10,000円)、スリランカ航空:コロンボ⇒チェンナイ(約13,000円)」を買い足すカタチでフライト確定しました。
※ オープンジョー:INとOUTが異なる都市のチケットのこと。分かりやすい例としては、ロンドンIN、パリOUTで、ロンドン⇒パリ間はユーロスターで移動。

最初に検討していたエアアジア55,000円と比較すると約2倍のコストになりましたが、バンコクとチェンナイに立ち寄れたのと、タイ航空はスタアラなのでプラチナポイント積算対象だったことを考慮すると、まあ悪くないかなと思います。
2015-08-29 | Posted in BlogNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6